« 久々のガタガタ道 | トップページ | リカバリー »

2011年11月23日 (水)

お見立て

2日前から愛車(H12/RA7)の暖房が効かなくなりました。

症状は、
・車内に風が入ってきません。送風機(ファン)が動いていない。
・エンジン-サーモスタット-ラジエター間のロアホースが冷たい。

私の見立は、サーモスタット不良で水温が上がらないので、送風されない。

ということで。

サーモスタットの交換です。

はじめに、クーラントを抜きつつ、エアクリーナー→スロットルボディ間の極太パイプを外します。

46

ターゲットは、このホースの先。
実は、現在20数年間使ってきたラチェットが故障中(お前もか!)。
なので、メガネレンチ主体の作業となります。ツライデス。

47

10mmのボルトを外すといよいよ本日の主役の登場。

32

はずれました。50

新旧主役交代。
48

あとは戻すだけ。
液体も再利用です。

38

で、無事に元に戻して交換終了。

エンジンかけて水温上げて、さー温風カモン! カモン! カモ~ン!

こない~。

症状変わらず。ロアホースも冷たい・・・。

風もこない。

一応、ヒューズを確認したけど、見たところ無事。
ウォーターポンプ?ファン?同時に壊れる?

タイムアップ&ギブアップ。

プロに任せよう。

|

« 久々のガタガタ道 | トップページ | リカバリー »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561133/53316644

この記事へのトラックバック一覧です: お見立て:

« 久々のガタガタ道 | トップページ | リカバリー »